| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008年春 渋谷区決勝
(事実上決勝)

vsALBAR●●SA


試合巧者で体格も良く、強いのは分かってた。


どうしたら勝てるか


序盤から飛ばしてハイスコアで逃げ切るか


ロースコアで持ってって粘り勝ちか


・・・



『よし!今日はメンツも大丈夫!慎子さんも2ピリには間に合うらしい!出だしから飛ばしてこう!』


『良い?出だしを全員で集中だよ!序盤からリード保ってこう!みんなで攻め気!』


・・・

開始2分


0×6。。


コラコラ・・・(苦)











続く・・・











の?




~その2~
前半。
6~8点を追い付くために流れに乗って点差を詰めようとしつつも、自らのパスミスやセレクションミスで一気に行けない展開が続く・・・


チガ(知恵熱)がいない分いつもより高さが無い&慎子さん(歯科クリニック)がいない分、爆発力が無いKingAsh女子。。


その上、いつもはフリーなら70%近い確率で決めてくるアキオの調子が悪い。
マッチアップはみんなのヒーロー、ウルトラマン!気負い過ぎていたんだろう・・・

『緊張して前の晩から食べ過ぎちゃいました(テヘ♪)』
アキオ談



そしてもう一人、調子の悪いヤツがいた。。
その名も『弱リツ』

しかし、コヤツに関しては全面的に私が責任負います。。

試合前、軽い気持ちで

『りっちゃん!今日は30点くらい期待してるよ!!笑』

笑ってる場合かっ


この日初めて、りっちゃんのメンタルを垣間見ました。


初めて大学生の女子を教えた時も同じような失敗をしてしまった事を思い出した。そうあれは・・・



ま、いいや。


何とかディフェンス頑張ってジワジワ追い上げて行こう!


タイムアウトを取る気ゼロのため、心の中で願う。


この逆境を打破したのは・・・

そう!サラ(つかさ)!
長い手とサラサラの髪を存分に使い、ローポストを支配していた☆

しかしそれも長くは続かない★
サラをローポストに孤立させ過ぎたため、髪がボサボサになってしまったのだ!

さぁどうする・・・


ベンチを見渡す。


・・・


ん?


アレは!!!

そこには歯医者帰りのスーパーフォワード、世界の慎子がいた!
そう、出会いは渋谷のダーツバ・・・


ま、いいや。




目が合う。

が、逸らされる。


しかし俺の鋭い眼力にやられたのか、そそくさと交代席へ。

『流れ変えちゃいそうだったらすぐ引っ込めてねっ』
そう言い残し、29歳には有りがちなのか、深いため息を漏らしながらコートに立った。

替える気などさらさら無い監督は一時仮眠に入る。
薄らぐ意識の中で聞こえるのは
『ズドーン!!!』
という音と
『ギャーっ』
という悲鳴。

お構い無しに目を閉じつづける。


後にこの音は慎子さんが3連続を含む5の4で沈めたスリーポイントの効果音だったことを知らされる。。


追い上げられているプレッシャーか、2点差まできた所で相手のタイムアウト!
眠気まなこで指示するKingAsh監督。何という強心臓の持ち主か。
『ミスが多いだけ!パスを回せ!』

何というレパートリーの少なさ・・・



・・・



監督の気持ちを汲み取ったメンバーは点差をイーブンに戻し前半を終えてきた・・・


~後半~

ハーフタイム。

スコアを確認し、お互いのファウル数をみんなに伝える。
幸い、みんな1コか0コ。
ただ一人だけファウル2コが・・・
そう、サラだ!

誰が見ても
『グッディー!!』
をファウルに吹かれてしまっていたのだ。。


『サラ、ドライヤーで髪とかしてるトコごめんね!どんまい!ファウル2コだけど良いディフェンスしてるよ!』



『アキオ、そのうち入るから打ち続けろ!』


『リツオ、攻め気がなくなってるよ!持ち味出せ!』


『ユリさん・・・ファイトでーす♪』



後半開始。

相手の出足が鈍い。
こちらのミスにじょうじて速攻へ繋ごうとするが、フロントコートでパスを受けたフォワードが無理をしない。
アーリーオフェンスもほとんどしない。

『相手は確実に疲れているっ』


そう読み取った強心臓の監督は、得点力こそ表に出さないが安定感のあるチャマオ(PG)に替えて、サラと同じく新加入のブザービーティストことニャン(ニャンニャン)を投入し、スピードアップをはかる!!
と同時に3ピリ中にタイムアウトを取らない事を宣言する!


『勝負は4ピリ残り2分の争いになるだろう。。ここは敢えてシーソーゲームで良いから相手の体力と時間を消耗しよう!』


それが良かったのか、相手のミスが多くなり、徐々に点の取り合いに変わっていく


・・・


前半からオフィシャルの24秒計のミスが多かったため、常に確認を怠らないようにしていた


この日の審判は品川大会でも良く吹いてくれていたメガネだった!
名前は知らないまでも会話をかわし合う中で、この日もハーフタイム中にあのジャッジはどうとか、強い者にはプライド関係無しに媚びを売るスネオさんの如く・・・


『ピーッッ』


チャマオがナイスカットするもカットボールで相手ボール。

その瞬間、俺は見た!
24秒計が
10・・・9・・・

カチッ・・・24


宍戸
『ちょっとー!!!あと3秒だったよー★』


コートを飛び出すかの如くメガネに訴えかける。
おそらく俺の眼光にやられたのであろう。メガネはスゴスゴとオフィシャル席に24秒計、残り3秒を指示する。

まんまと相手は3秒に焦り、パスミスを犯し、こちらの速攻でプラス2点。

『ふっふ~ん♪♪♪』





ディフェンス、
試合巧者のR婆は攻める時間を長くしようとしてきた。
回して回して最後に15番(ウルトラマン)につなぐ攻め。

15番にマッチアップするのは、アキオに替わって世・・・いや渋・・・いや馬場の慎子!!

身長差はほとんど無いが、体格で上回るウルトラマンは体を預けたプレーで慎子を苦しめる・・・

と思いきや、それを冷静にかわし、切替えてオフェンスに持って行く!
『何てメンタルだ・・・』

しかし不安もよぎる

慎子さんも人間。2ピリ途中から出しっぱのため、どっかで足が止まるかもしれない。それが試合終了2分前だったら・・・

・・・

『アキオ!!・・・







男になってこい!』







・・・



はいっ!!!






~救世主~

4ピリ開始。
差は開かない


予想通りの展開、やはりラスト2分か・・・


相手のロバロッサはタイムアウト、3ピリに、後半3回取れる内の2回を既に消費していた。


『こっちはメンツも若さも勝っている!体力面はメンバーチェンジで補えば良いっ。』

わざわざ相手を休ませるようなタイムアウトは取らない!それが仮に戦術的なアドバイスが必要だと感じたとしても。

やるべき事はコートに出ている5人が、分かっている。ユリが支えとなって。



コートに立つのは
ちゃま
アキオ
ユリ
サラ
リツ
の5人。


都民大会で培ったディフェンスの頑張りと気力でかろうじて粘っていた。
・・・恐らくベンチで応援してくれているKingAsh男子達はそう思っていただろう。
・・・いや、かも知れない。
・・・いや、そこんとこどうなの?


ベンチの最前線で指示を出す俺からは、接戦慣れしている頼もしさを感じていたのもあり、何の不安も無かった。

とはいえ、この時点で考えられる不安要素をいくつかあげてみよう。

・その1
タイムアウトのタイミングミス

・その2
リツ、サラ、鶴夫のうちの誰かの体力切れによるインサイド交替不可能状態

・その3
ファウルトラブルによるフリースローでの、時間を消費しない失点



その1だけは絶対にやってはならない!!


残る2つの内、現実として現れだしたのは、不安要素その2・・・

打つシュートがことごとくリングに嫌われ始めたのだ!

しかしそのリバウンドに絡めない。
それどころか、逆に相手の6番(サウスポーセンター)にオフェンスリバウンドを取られ、セカンドチャンス、サードチャンスをくれてやる始末・・・

ここで監督、立ち上がる
『鶴夫!りっちゃんに替わって台形付近を支配してこいっ!』



鶴夫、リツと交替。

鶴夫は言われた通り、無我夢中でボールを追いかける!

その勢いに押されてか、そのトリッキーさに笑わされてか、だんだんとルーズボールがこちらへと流れてくるようになった。


その頃ベンチでは・・・いまだに男気を見せ付けられないでいるアキオへの心配の声が上がっていた。。

リツ
『アキ、決めないかなぁ・・・』

ニャン
『アキちゃん、決めないかなぁ・・・』

呉ちゃん
『・・・欠席』






相手のシュートが落ちるっ



鶴夫、リバウンドをがっしり掴むっ



アキオ、右サイドを駆け上がる



チャマオ、鶴夫の左後からサポートし・・・



『目の前あいてるぞっ!』



鶴夫、リバウンドからドリブルのままフロントに入り台形までディフェンスを引き付ける



アキオ、右コーナーで呼ぶっ



鶴夫、意表をついたミドル!?え?シュート!?え!?ワンハンド・・・!?!!



・・・



いつもより高い弧を描き・・・



匠はつぶやいた。



『お前じゃなーいっっっ』



・・・



『スパッ』



・・・



ワァァァァアーーー!!!
この日一番の大歓声♪




鶴夫、台形を支配し、男(救世主)になった・・・


匠、顔を赤くした



続く










~4ピリ~


鶴夫、やはりただでは終わらない天災。
相手を意気消沈させたかと思いきや、直後のプレーで相手のボールを持っている手とは反対の手を

『ベシッ』

ここでお役ごめん。

そしてKingAshチームファウルは4つ目。次からは1つのファウルが相手を楽にするだけでなく、試合自体を左右する!


鶴夫、それでもベンチに帰るとみんなが笑顔でハイタッチ♪


鶴夫の気合いのプレーを直視していたリツオは攻め気を取り戻しつつあった。
鶴夫に替わり、リツオ


・・・

天災が呼び込んだ流れを渡さない!
チャマオに替わったニャンが試合開始直後からずっと、目をつむったままアーリーからのパス!

その先には替わったばかりのリツオ、

左腹部からヨイショー!
と、独特のフォームから放たれたヨイショー・・・

みんなが願っていた。
普段のリツオなら、フリーであれば7割近い決定力を誇る彼のヨイショー。

今日に限って1本もリングの高さまでボールが上がっていなかったのだ

それでは物理的に入るワケがない


しかし、このヨイショーは違った

今日一番のヨイショを発し、キレイな弧を描きリングに吸い込まれる!

放たれたボールは最小限のネットにしか触れずにそのままコートに弾んだ

その
ダムダム

と、

俺の心臓、
ドキドキ


重なるのを感じた


『勝てる・・・』


・・・



と思った瞬間、勝利の女神は遠のいていくもの。。

アロマの15番が本領を発揮し始める!

右サイド、ベースライン側へ力強いワンドリでドライブすると、リツ&サラのカバーを全く寄せ付けず・・・

純粋に得点だけを狙ってきたっ


KingAsh、得点が止まる



次プレー、またも右0度、ほとんど角度の無いところからノータッチで、何とも痛すぎるスリーポイント・・・・・・


ここでKingAsh、試合終了5分を切ったこの時間帯、4点ものリードを許してしまう



この時間帯、これ以上離されるのはマズい・・・

鼠監督、オフィシャル席へ向かう


『タイムアウチュ願います』



と申請した直後、

『ズドーン!!』


はっ!!この音はっ!!!


そう。
慎夫だ☆

2006年度、2007年度、2年連続で
『敵に回したくない大野NO.1』
に輝いた経歴はダテじゃなかった♪


鼠監督、鼠の割に大きなガッツポーズをする!
と同時にタイムアウチュを取り消す。


そして



残り2分


ドラマがやってくる



スコアは



59×59


相手も気力を振り絞り、限界を超えて食らいついてくる!

・・・

61×59

・・・

61×61

・・・


63×61

・・・

63×63



残り40秒
アリババボール

・・・


24秒計、

6・・・5・・・4・

相手のシュートを必死にチェックし・・・

『ガンッ』


『リバーンっっ!!』

ボールは相手センター6番のもとへ


そのままリバウンドシュート


・・・


『ザシュっ』



63×65











残り20.3秒
差は2点
ファウルはお互い5つ


ここで鼠監督、動く

後半最初のタイムアウト

残り2分を切っているため、ハーフラインからのマイボール


『よし!スリーはいらない!2点を取りに行こう!こっちのタイムアウトはあと2回残ってるから、仮にこのオフェンスを失敗してもすぐにファウル!そうすれば時間は止められる!この1回のオフェンスに命懸けろっ』


『ブーーーっっ』


『よしっ行ってこい!攻め気あるのみ!!!』


鼠監督はタイムアウトが明けると同時にオフィシャル席に話しかける


『ファウルゲームになるかもなんで、タイムアウトのブザーの準備お願いします』


そして審判のメガネにもハッキングのジェスチャーを送る

メガネもKingAshがファウルゲームを試みる事を感じ取ったのか、小さく頷き、微笑んだw


・・・
コートに立つメンバーは
ニャン夫
あいだゆりを
慎夫
リツオ
サラオ

果たしてこの中に真の救世主が現れるのか!?


次回、驚愕の最終回!!!


ご期待あれ!











~最終回~


残り20.3秒
2点ビハインド
マイボール


このワンプレーについて、戦略的な指示は一切しなかった。


信じているから



『ピー、始めます。』


良い表情(かお)でベンチを立つ5人。


やってくれるはずっ




再開。

ニャンを中心にパスが回る


相手は、慎夫のスリーを止めにくる

当然だっ
決まれば逆転サヨナ・・・




残り10・・・9・・・8・・・7・



リツオ



一日1回が限度のヨイショーを、禁じ手とも言うべき、本日2本目のヨイショーを狙っていた




・・・










・・・



ニャン夫がパスをくれる


サラ夫がリバウンド取ってくれる


イイデちゃんがケーキ買ってくれる


リツオはみんなへの信頼でかろうじて意識を保っていた



『ヨイショー!!!』


力の限りに放たれた・・・




高さは充分








キレイなループ



ボールはゆっくりと













『ガコーン』








リバウンドーーーー






アキオ&チャマオ、そのフレーズに思わずベンチでドキッとする





そのルーズボールは・・・









相手だ★






叫ぶ


ベンチもギャラリーも

みんな一緒になって



『ファウルしろーーっ』



残り6・・・5・・・4・


KingAsh、必死のプレッシャーに


相手おかっぱ180cm、ゴール下から苦し紛れのロングパス。


鼠監督の目の前、ハーフライン手前にいた16番の元へ・・・


万事きゅ・・・


!?!!!!?!



ここで16番、奇跡のファンブル!!!!♪!!
きっと体育館に突如現れた鼠にビックリしたのだろう・・・



『ピーーーーっKingAshボール!』

鼠監督、転がったボールを拾い、コート上の誰よりも速くオフィシャル席へ!!

『タイムアウチュー!!!』







残り3.1秒

作戦は変わらない

がむしゃらに2点を追いかけ、取りに行く

『ユリがパス出し。慎夫には2人マークが付くはず。リツオとサラ夫はゴール下で待っとけ!』


『ニャンニャン、お前が突破しろっ!』


『ニャンっ!♪』






ユリからトップ位置のニャンへパスが渡る



ニャンは何の迷いもためらいもなく、その場所へボールを運んだ



最初から決めていた
『あの場所までボールを運べば・・・きっと何とかしてくれるっ』





そう






巣鴨だっ



いや、

サラのいる場所へ



合わせを待っていたサラの手にボールが渡る



サラ、

ノーフェイクでゴール下バンクシュート



行けー!!!



『シュッ』



と同時に
『ブーーーーーーっ』



メガネに視線が集まる!


メガネ、体いっぱいの
『カウーーーント!!!』










『ドゥワーーー♪♪♪♪』



KingAsh、全員入り乱れての歓喜と大絶叫☆



・・・



5分間の延長戦

指示は一つだけ
『先取点!延長戦は先取点が命!!』


KingAsh、体力も気力も限界。

だが相手はそれ以上だ

ウルトラマン(15番)
『4ピリオド戦って同点ってどういうこっちゃ・・・』

その脱力感は図り知れない




鼠監督は言う
『これが決勝だと思え!』


延長開始

お互い、最後の意地の見せ合い


ノーマークなど作らせないっ

楽なパス1本出させない
死んでもディフェンスリバウンドを渡さない



2分間、お互いノーゴールという形で意地を表現して見せたのだ


体育館にいる誰もが感じ取っていた
『先取点で決まる・・・かも。』




迎えた延長開始3分
試合が動く。

アルバのオフェンス
一番決定力があり信頼できるはずの15番、マークマンを振り切れない


そう、ピッタリとマークするのは慎夫だ

彼のディフェンスは試合時間が進むにつれて効果を発揮する

15番は右へ左へ、何度も揺さぶり、突破をはかるが、慎夫のディフェンスの前に遂に攻め気を失った

ガードへパスを返す

アルバのオフェンスの流れが止まるのがはっきりと見て取れた

苦し紛れに放ったミドル
『ガンッ』

ルーズボールを追いかけるのはもはやKingAshのみ


奪ったボールをいち早くフロントに運ぶニャン

そしてまたしてもホットライン!

サラのもとへ!

台形、フリースローラインから1歩入った位置から、得意のミドル


その長い手からすんなりとリリースされたボールはノータッチでKingAshゴールへ♪


『決まった』


鼠監督がそう確信したように

試合は結した。


勢いに乗るKingAshはこの延長戦を
9×3
と勝ち越し、

トータル
74×68

で、この大激戦、大熱戦を制した
















今まで100試合以上のベンチワークをしてきた鼠監督にとって、これほどの試合があっただろうか


言うまでもなく

『ベストゲーム』

である。




試合後、世界の慎夫に


『しっしー在ってのKingAshだよ』


















監督目線の自己満日記、最後まで読んで頂いて、本当にありがとうございました。


KINGASH女子監督 宍戸崇裕 薯
スポンサーサイト

| 特設ページ3 | 17:12 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。